東はりま水辺の里公園(稲美町立いなみ野水辺の里公園)             

 

 東はりま水辺の里公園(現、稲美町立いなみ野水辺の里公園)は,「自然との親しみ,家族とのふれあい,健康の維持・増進」をテーマに,創造的活動を大いに発揮させる場として兵庫県のCSR事業で整備しました。その一画に身近な生き物とふれあえるゾーンがあります。
【計画方針】
1)身近な生き物とのふれあい
2)多様な生き物の生息環境の創造
3)自然の回復力に委ねた最小限の整備
4)みんなで守り育てる

■(社)日本造園コンサルタント協会
  協会賞受賞(1998)

 

0102ボタン03ボタン04ボタン05ボタン
06ボタン07ボタン08ボタン09ボタン10ボタン

 

■業務年度:H3~H4 ■面積:公園 10.0ha (ため池 4.0ha) ■発注者:兵庫県労働部労働福祉課
■担当者:杉井昌勝 

このウィンドウを閉じる