服部緑地 西中央広場                             

 

 大阪の北の丘陵地にひろがる服部緑地公園は,府下4大緑地のひとつにかぞえられ,また長い歴史を有する公園です。1983年,第一回全国都市緑化フェアがこの公園で開催され,それに合わせた整備がおこなわれました。わたしたちは公園利用の西側の核となる西中央広場1.2haを設計。ここは山ヶ池に面したパビリオン前のシンボル広場ともなる部分でした。
  水辺にはもともとあった段差を生かし,テラス状の親水空間を計画。広場では,クロマツ,クスノキ,アラカシなど既存の大木をできるだけ残し,整備されたペイブメントとの調和のなかで,美しい自然景観を演出することに成功しています。

■(社)日本造園コンサルタント協会賞
受賞(1986)

 

0102ボタン03ボタン04ボタン05ボタン
06ボタン07ボタン08ボタン09ボタン10ボタン

 

■業務年度:S58 ■所在地:大阪府豊中市服部緑地 ■規模:1.2ha ■種別:広域公園
■事業者:大阪府 ■担当者:久田芳弘 

このウィンドウを閉じる