奈良公園『若草山』の展望広場周辺整備設計                   

 

■対象地の概要
 若草山の山頂部は視界を遮るものがないことから、奈良盆地を一望できる展望広場として整備され、「新日本三大夜景」の一つに数えられています。また、奈良奥山ドライブウェイ(有料)からのアクセス性も良く、付近には駐車場も整備されており、展望広場までは車いすでアクセスできます。

■対象地の問題点・設計上の課題
・展望広場施設の老朽化
・駐車場~展望広場のフットライトの劣化
・夜間利用における景観性の向上

■設計の特徴
・安全安心な展望機能の充実
・夜景観賞空間を意識した『LED×擬木柵』
・意匠性の高い点灯型地点サイン
・景観性に配慮した園路フットライト

 

0102ボタン03ボタン04ボタン05ボタン
06ボタン07ボタン08ボタン09ボタン10ボタン

 

■業務年度:H21 ■発注者:奈良県奈良公園管理事務所 ■担当者:三尾尚己、阿部浩之、杉井昌勝
■所在地:奈良県奈良市 ■規模:面積 約1.3ha 

このウィンドウを閉じる