奈良公園『若草山』の北側登山道の改修設計                   

 

■対象地の概要
 若草山は三つの笠を重ねたような山容から、かつては三笠山と呼ばれていました。
 本設計対象地は、その一重目に至るための2ルートのうちの一つで、急勾配の傾斜地をつづら折りで上るルートです。

■対象地の問題点・設計上の課題
・階段施設の老朽化
・ルートの一部に急傾斜地を含む
・利用安全性の確保
・利用快適性の確保

■設計の特徴
・景観性・利用性に配慮した手すりの新設
・安全性に配慮した転落防止柵の改修
・利用性に配慮した指導標の新設

 

0102ボタン03ボタン04ボタン05ボタン
06ボタン07ボタン08ボタン09ボタン黒ボタン

 

■業務年度:H21 ■発注者:奈良県奈良公園管理事務所  ■担当者:三尾尚己、杉井昌勝
■所在地:奈良県奈良市 ■規模:延長 約500m 

このウィンドウを閉じる