ホーム業務案内>樹木診断

 

「樹木は危険を訴えています」

 

公園樹木・街路樹診断とは

公園樹木・街路樹の倒伏・落枝などによる事故を未然に防止することを主な目的に、樹木の状態(腐朽・キノコの有無・樹勢など)・生育環境(土壌・植栽地形状など)を診断して、健全性を判定することです。診断結果はカルテとして記録され、樹木の健全性がひと目で判り、危険木の処置を適切に実行することができます。さらに、結果をデータベース化することで、適切な管理指針等の作成に役立ちます。

作業手順

▲ページトップへ

 

当社の実績

当社のこれまでの樹木診断・管理計画等の主な実績は次のとおりです。

業務
診断本数
発注者
年度
千里山団地建替基本計画
約4,100本
(株)URサポート
H18
箕面公園危険木調査
約2,200本
大阪府
H22
高槻市都市公園桜調査・管理計画策定
約700本
高槻市
H24
主要地方道大阪中央環状線外街路樹台帳修正
-
大阪府池田土木事務所
H25
鳴子団地自然林管理計画策定
約2,700本
(独)都市再生機構中部支社
H26
玉川の里桜調査・管理計画策定
約500本
高槻市
H27
樹木健全度緊急調査
約20,000本
吹田市
H26-27

作業風景

▲ページトップへ

 

当社の取り組み 

街路樹診断講習会の講師派遣

豊中市職員を対象にした街路樹診断講習会の講師を務めました。(平成28年11月)

■講習会概要 :

  1. 豊中市の街路樹診断講習会の講師として樹木医である調査室職員が招かれ、街路樹を実際に観察しながら危険性のある樹木の見分け方、観察のポイント等について説明を行いました。

  2. 樹木内部の腐朽状況を計測する「レジストグラフ」を用いて、使用方法を実演し、腐朽状況の把握方法について講義しました。

講習会のようす

レジストグラフの実演

▲ページトップへ

 

営業案内

案内

安全安心なまちづくりのための危険な街路樹・公園樹木の調べかた(pdf形式1,097KB)

お問い合わせ

上記内容のお問い合わせは井上・平川までどうぞ。

mailad

 ▲ページトップへ

関連リンクスタッフブログ

コピーライト